うさぎ薬局

RECRUIT 2018

うさぎ薬局 RECRUIT 2018

ENTRY

私の選択肢(先輩社員の声)

INTERVIEW

何かに迷うときは「患者さんのためになることは何か」と考え行動しています。

谷田 祐佳2013年4月入社 エリアマネージャー

INTERVIEWインタビュー

入社を決めた理由

うさぎ薬局が成長性・将来性のある会社と聞き、会社と共に成長していきたいと思ったので入社を決めました。

現在の仕事内容を教えてください。

  • 各店舗の人員と業務量が適正かを確認
  • 人手が足りない場合はヘルプに行ったり、余裕のある店舗からヘルプをお願いするなどのシフト調整
  • ヘルプ先が保険薬局として適正な運営ができているかの確認
  • 個別指導対応
  • 新卒採用業務
  • 調剤報酬改定、新規医療機器の情報収集
  • 新店舗の立ち上げ業務
  • 施設営業
  • 健康講座などの地域活動
  • など

仕事をする上でこだわり、心掛けている事、大切にしている言葉

何かに迷うときは「患者さんのためになることは何か」と考え行動しています。

1日の仕事の流れ
  • 09:00出社
  • 09:30メーカー(製薬や機器)担当者と打ち合わせ
  • 11:00人事やヘルプに関して薬局長と打ち合わせ
  • 12:00お昼休憩
  • 13:00移動
  • 14:00管轄店舗で調剤業務
  • 18:00退社

どのような事でやりがいを感じますか?

患者さんに感謝されたとき、スタッフが笑顔のとき。

看板

エリアマネージャーになった理由

白石社長よりエリアマネージャーの打診があった時は、入社4年目の私に務まるのだろうかと不安でした。よく考えた結果、人生1度きりですし、せっかく頂いたチャンスなので頑張ってみようと思いました。

そして、周りの方々が応援してくれたこと、何かあったときは相談に乗ってくれたことが大きかったです。

エリアマネージャーになって嬉しかったこと

沢山の社員の方々と知り合うことができ、その度に助けてもらいました。

一人ではできないことも皆で協力すればできるということを学び、周りの方々の協力は絶大なものなんだなと実感しました。

周りのスゴい人、自慢できる人

社長、事務の西村さん、頼りになる同期など、沢山いて選べないです。

その人のエピソード

(白石社長)だれよりも働いていて、いつ休んでいるのかと心配になるくらいバイタリティーのある社長です。

(西村さん)東京エリアに異動になり、エリアマネージャーとして右も左も分からない時に1番相談に乗ってくれた方です。

(同期の薬剤師)会社がよくなるには、みんなが気持ちよく働けるにはどうすればいいか常に周りを考えていて、刺激になります。

若くして薬局長など責任のある立場で頑張っている同期は凄く頼りになる存在であり、仕事の活力になります。

社内イベントの中で好きな事

店舗のみんなとの食事会が親睦を深められたりできるので楽しいです。

休日の過ごし方

外に出ることが好きなので、キャンプに行ったり、普段はジムやヨガ、趣味の英会話に行っています。

仕事をしている中でぶつかった壁はありますか?
また、それをどうやって乗り越えたのでしょうか?

自分だけでどうにかしようとするのではなく、周りの人に相談しながらどうすればいいか考えています。

最近では、人事のことで悩んでいた際、取締役の櫻庭さんに相談することにより、自分にはない考え方を聞くことができ、解決の糸口となりました。

社長の存在

なんでも相談できる父親のような存在であり、人生の先輩です。

社長との思い出やエピソード

私は何のために働くのかと漠然としていた期間がありました。そんなとき白石社長より、仕事をする上で理念をもつ(地域貢献をする)ことと、それがブレないようにすることが大事だとアドバイスを頂き、胸がすっとしたことを覚えています。

ももクロのライブに参戦した社長が、お土産にTシャツを買ってきてくれたこと。

社長へ伝えたいこと、言いたいこと、感謝したいこと

白石社長から学んだ会社とは何か、働くとはどういったことかという”うさぎイズム”を後輩にも繋げていきます。

今後の目標

子育てと仕事を両立させ、女性でも管理職として働きがいのある環境をつくっていきたいです。

1日の仕事の流れ
  • 09:00出社
  • 09:30メーカー(製薬や機器)担当者と打ち合わせ
  • 11:00人事やヘルプに関して薬局長と打ち合わせ
  • 12:00お昼休憩
  • 13:00移動
  • 14:00管轄店舗で調剤業務
  • 18:00退社

OHTER INTERVIEW他の社員のインタビューを見る

pagetop